予約・契約の主導権をお客様に

hacomonoはフィットネスクラブ、ヨガスタジオ、商業施設などの予約システムに最適なクラウドシステム。管理権限を持つユーザーが管理サイトからログインして、レッスンスケジュール・顧客管理を行い、ユーザーサイトはオリジナルデザインの予約サイトを構築できます。

Front Webpage

レッスンスケジュール

スタジオ別・レッスンルーム別のスケジュールをマトリックス状で表現することで予約空き状況やトライアル対応レッスンなど一覧上でも確認できます。
プログラム名は色設定に応じて色を変えることができるので、視覚的にもわかりやすいUIとなるよう設計しています。

トライアル予約と決済

トライアル予約もお客様自身で完結することができます。
問い合わせフォームなどから予約候補日を受付て、運営側でスケジュール調整・ご連絡といったフローが不要となります。
トライアル予約用チケットを購入して予約するというトライアル予約フローになり、購入の際のクレジットカード登録から明細の表示、購入・予約完了までを全てお客様自身で行うことができます。

キャンセル待ち機能

定員に達したレッスンについて、キャンセル待ちをすることができます。
キャンセル待ち登録をユーザーサイトから行い、キャンセルが発生するとキャンセル待ち登録をしたユーザーにメールが一斉送信されます。
メールを受信したメンバーは先着順で予約を取ることが可能です。

チケット購入・プラン契約

予約チケットの購入やプランのご契約は全てWebからお客様自身で行っていただけます。
チケットやプランを選択、決済用のクレジットカード登録、クーポン登録を行うことで契約・購入を完了させることができます。
入会金・事務手数料の徴収も自動で行われ、プランについては初月会費の日割分や2ヶ月目会費を取得することもできます。
Webで全て完結するため、トライアルや無料体験受講後自宅からでもプラン契約が可能となり、契約のための再来店や契約書類記入が不要となります。

QRコードチェックイン

予約取得時、お客様には予約QRコードがメールにて送信されます。
来店時はチェックイン端末にQRコードをかざすことでチェックインを完了させることができます。
ユーザーサイトから予約QRコードを表示させることもできるため、メンバーカードの発行が不要となり、全てお客様自身のモバイル端末がメンバーカード代わりとなります。

Administration

スケジュール管理

時間・プログラム・インストラクターを登録することでレッスンスケジュールを登録できます。
トライアル予約上限数や無料体験レッスン枠にも対応可能です。
登録したレッスンスケジュールはマトリックス状に表現しているので、時間割のような視覚的にもわかりやすい構造となっています。

予約管理

レッスンの詳細では座席の埋まり具合、予約した顧客データを確認できます。
予約済・チェックイン済といった予約ステイタスを色で表現しています。
また、トライアル予約・申し送りの有無・メンバータイプも一覧上で確認することができます。
トライアル予約のお客様にはプランご契約のお声がけを、申し送りのあるお客様にはその内容にそった接客をスムーズに行うことが可能です。

メンバー管理

会員登録いただいたお客様はメンバーとしてシステムに登録されます。
基本情報の他に登録カード情報、契約プラン情報、所持チケット情報、受講履歴、購入履歴、クーポンリスト、申し送り、ログ情報を参照することが可能です。
お客様からのお問い合わせやプラン変更のご依頼など難しい操作なしで対応が可能です。

各種マスタ設定

レッスンを構成するマスタとして、スタジオ・プログラム・インストラクターの各種マスタを準備。
レッスン登録はそれぞれのマスタに登録しているデータを選択するだけで完了します。
ご契約・購入のための商品・プラン・プランオプションもマスタとして準備しております。
適用開始日を持つ価格設定、プランと組み合わせて契約可能なプランオプションのマスタ化などフィットネスクラブ・ヨガスタジオを運営する上で必要な項目が揃っています。

クーポンマスタ設定

各種割引はクーポンとして設定することが可能です。
集客に使うような拡散型のクーポンだけでなく、既存会員様からのお友達紹介時に使うメンバー毎クーポンや特定のお客様のみ使える配布型クーポンも設定が可能です。
適用期間や使用上限枚数、対象商品など細かく設定することができるため、様々な割引・キャンペーンを開発コストなしで実現することが可能です。

Infra

Amazon Web Service(AWS)

サーバーの構築・監視・セキュリティ対策をAWS上で仕組み化しているので、スピーディかつ安全なサーバー運用を実現しています。
柔軟なサーバーのスケールオーバー・アップデートが可能です。クラウド型サービスの基盤を支えています。

クレジット決済にPAY.jp

オンライン決済サービスにはPAY.jpを採用。
入会金や初月会費、さらには毎月の会費の決済をクレジットカードで行うことができます。
カード登録・決済を会員サイトにてお客様が直接操作することができます。

データ分析基盤Re:dash

データベースからSQLのクエリを用いてデータを取得することが可能です。
顧客情報・売上情報・予約情報を組み合わせたクエリを用意することで多角的な視点で分析が可能です。