「hacomono」 導入事例インタビュー

ラグール銀座 キックボクシングスタジオ

暗闇フィットネスジムファンクショナルパーソナルレッスン

高級店が軒を連ねる銀座に、気軽に通えるキックボクシングジムとして2019年2月13日にグランドオープン。
高級ホテルのスパを思わせるアメニティに拘った空間と、これまでの格闘技ジムには無かったホスピタリティを併せ持つ。

2019年1月25日から事前会員登録を実施。現在30代、40代女性をメインに約350名の会員を有しており、出勤前の朝レッスンや、お買い物ついでの土日レッスンが人気。

音楽に合わせてキックボクシングを行うフュージョンレッスン、パンチやキックの形を正しく学ぶテクニカルレッスン、個室で行うVIP会員向けパーソナルトレーニングと、多様なレッスンプログラムを展開。

「予約が取れない」状況を作らない店舗運営

オープンから順調に会員数を増やされていますが、どのような工夫をされているのでしょうか?

現在、多くのフィットネススタジオで課題となっているのが予約の取りづらさだと考えています。
実際にラグール銀座の会員様の中にも、過去他のフィットネススタジオで予約の取りにくさに不満を持っていた方が多くいらっしゃいます。

ラグール銀座では「予約が取りやすい」をブランドコンセプトとしております。それを実現するために会員数は1,000名を上限値と設定しており、入会状況は毎日ウォッチしています。
また、レッスンスケジュール設計やプラン設計なども予約の取りやすさを意識して構築しています。これらの対応が結果として入会数に表れているのであれば嬉しいです。

店舗スタッフ目線でも「分かりやすい」 を実現

当初からブランディングに対する意識がとても高かった印象ですが、hacomonoを選定いただいた理由は何でしょうか?

ラグール銀座では「高級感」や「ラグジュアリー」をブランドイメージとしており、その実現のために立地や内装だけでなく、アメニティやスタッフ教育など細部にもこだわりを持っています。
従来の予約システムはデザインが古めかしく、お客様にとって分かりづらいものが多いと感じました。
ブランドイメージには特にこだわりを持っていたので、そのイメージを崩してしまうのではないかと危惧していました。
hacomonoは予約サイトとしての使い勝手が良い、デザイン性が優れているという点で、ラグール銀座の運営にぴったりだと感じました。

hacomono導入当初に苦労したことはありますか?

予約サイトだけでなく管理サイトも今どきのデザインで、設定に関しても基本的には分かりやすいと感じています。
とはいえ、日常的にシステムに触れていた訳ではなかったので、ゼロベースで覚えていくのは苦労しました。
聞かないとわからない部分も多かったので、サポート窓口を利用しながら設定を進めていきました。現在も新しい施策を試す際などは、サポートに確認を取りながら設定を行なっている状況です。
最近はメールサポートをよく利用しておりますが、返信も早く大きな不満はありません。
今後、チャットやLINEなどの、よりスピード感あるサポートツールについて検討いただけるとありがたいです。

運用開始後の使用感についてはいかがでしょうか?

初期設定は1人で行なっていましたが、現在はスケジュール管理、払い戻しなど様々な作業をスタッフと分担して運用しています。
受付スタッフやインストラクターにとっても分かりやすく、面倒な作業がないためとても助かっています。
何か設定の不備があった場合も、構成がシンプルなのでその原因に自分自身で気付くことができます。

新しくスタッフ・インストラクターが加わった際も、システム利用のための教育コストはあまり発生しない点も助かります。
契約や予約など様々な操作はお客様自身で行なっていただくので、教育するポイントが少なくなっています。スタッフ同士で教えあいながら運用出来ています。

軽減した事務作業時間をブランド力強化時間へ

初回来店・体験後、お客様はどのようにご契約まで進まれていますか?

オープン当初から「過度な営業をしないこと」をブランドポリシーとして掲げています。
体験当日の特典やプラン体系などはお伝えしていますが、その場での契約を促すことはありません。
hacomonoを利用することで、契約のためだけにご来店いただく必要がないので、お客様の97%がご自宅などでWebから契約を進めていただいています。
店頭でスタッフと一緒に契約を進めるお客様はごく稀です。

また、契約ステップもシンプルでわかりやすいので契約にあたってのご質問なども、ほぼいただいていない状況です。
体験から契約までお客様自身で進めていただいてるため、スタッフの事務作業コストはかなり軽減できていると思います。

スタッフの事務作業軽減で、どういったメリットが生まれているのでしょうか?

格闘技のジムでありながら、「高いクオリティのホスピタリティを提供する」ことを理念としているため、お客様との接点をいかに多く確保するのかは当初から課題としていました。
hacomonoを利用することで事務作業に追われることが少なくなり、お客様とより密にコミュニケーションをとることができています。
ラグール銀座ではお客様とスタッフとの問題やクレームなどが全くないのですが、常にお互いのコミュニケーションが取れていることが理由の一つかと思います。

また、高級感・ラグジュアリーというブランドイメージを実現するため、店内の清掃にも力を入れています。
ホテルや高級飲食店と同じような高いレベルを目標とし、毎レッスンの時間中に店内を2周するよう清掃しています。
事務作業に追われているとここまで清掃に時間をかけることも難しかったように思います。
単純に事務作業を軽減するだけではなく、軽減された時間をスタジオのブランド力強化のための時間として使うことができていると感じます。

今後のブランド成長プラン

今後はどのようにブランドを成長させたいとお考えでしょうか?

店舗オープンから8ヶ月程たち、暗闇フィットネス店舗も増えました。
その中で顧客満足度をキープするためにも、飽きのこないような仕組みづくりは常に検討しています。
実際に9月からOneTimeTicketを設定・公開し、月の上限回数を越えた会員様や、設定時間外のレッスンをチケットを利用して予約するような仕組みづくりも行いました。
今後も色々な施策を試しながらブランド力の高い、理想の店舗を作り上げていきたいと考えています。

そのためにもhacomonoでの新規会員獲得や予約操作の簡便化については今後も期待したいです。

キックボクシングスタジオ

ラグール銀座 <hacomono 予約システム導入事例>

ラグール銀座

洗練されたラグジュアリーな空間を実現したキックボクシングスタジオ。完全キャッシュレス型フィットネスクラブ。

ラグール銀座 <プロフィール>

ラグール銀座 マネージャー 岩森 重貴 様

各スタッフで分担しているスケジュール表の作成、問い合わせ対応などの進捗管理や売上管理等のマネジメント業務を担当している。
野球や水泳などスポーツに精通しており、自身もインストラクターとして活躍している。

hacomonoへのお問い合わせ

hacomonoがマッチする業種

スタジオ型予約、月額制・サブスクリプション店舗にてご利用いただけます

フィットネスクラブ

フィットネス 会員管理・予約システム
  • 暗闇フィットネスクラブ
  • スタジオ型フィットネス
  • 総合フィットネスクラブのスタジオ

ヨガ・ピラティス

ヨガスタジオ・ピラティススタジオ 会員管理・予約システム
  • ヨガスタジオ
  • ホットヨガスタジオ
  • ピラティススタジオ

インドアゴルフ・テニス

インドアゴルフ・テニススクール 会員管理・予約システム
  • インドアゴルフスタジオ
  • ゴルフ練習場のレッスン
  • インドアテニス、テニス練習場

その他月額制店舗

月額制エステ、音楽スタジオ、レンタルオフィス 会員管理・予約システム
  • 月額制エステ
  • 音楽スタジオ
  • レンタルオフィス