従来のCRMから、次世代のCRMへ

業界を問わず注目される「CRM(シーアールエム)」

記事や、NEWSでも最近よく耳にするCRM。 Customer Relationship Managementの略称で、日本語に訳すると「顧客関係管理」と言います。

CRMとは?

従来の不特定多数の人を対象とするマス・マーケティングから、消費者個別のニーズに合わせたマーケティングを行なっていく「One to Oneマーケティング」が主流の時代に移ったことにより提唱されたマーケティング手法です。 大量生産・大量消費を主とした市場から現在の複雑化した市場環境の変化により、 製品やサービスでの差別化が難しい今の時代で、多くの注目を集めている経営コンセプトでもあります。

従来より行われていたCRM

箱モノビジネスであれば誰もが関わったことのある顧客管理。 顧客台帳のようなアナログな記録形式を使ったデータ管理、Excelやオンラインソフトを使用した顧客管理も立派なCRMの実現方法の一つです。 但し従来のこれらの管理方法には様々なリスクが伴います。 紙による管理した顧客データの紛失。 膨大なデータ量を扱う上で、それぞれのデータ同士の紐付けが困難。遠隔地同士でのデータ観覧が難しい等、 オフラインでのデータ活用、管理が難しいのが現状です。

CRMツール導入でのメリット

アナログな記録形式管理、ネイティブアプリ等での管理では実現不可能な部分を補う形で、導入が加速度的に進んでいるのがクラウド型CRMツールです。 クラウド型CRMツールの導入により アカウントを持った人であれば誰でも、オンラインであればどんな場所でも顧客管理が可能となります。 また自社内にサーバーを持つ必要のあるオンプレミス型に対して、インターネットを使うことができる環境であればすぐに導入することができます。 また膨大なビッグデータを一元管理でき、重要な資産として残すことが出来ます。

CRMツールでできること

CRMツールによって異なりますが、 今回は株式会社まちいろの「hacomono」を例に出来ることをまとめました。 顧客一人一人の年齢、性別、連絡先、傾向などの個人情報、購入・利用履歴だけでなく、クレームや質問、要望といった問合せ履歴など、サービスとのあらゆる接点でのデータに基づいて顧客をセグメント化します。 これらの蓄積したビッグデータを元に顧客層別・顧客別のニーズ・購買行動パターンを分析。 個々の顧客に適したサービスや商品を効率よく提供し満足度を高めることで、 一人あたりの購買額を最大化、顧客満足度の向上を目指します。 これにより、サービススケールと共に長期的な収益の向上を目指すことが出来ます。 またビッグデータは既存顧客のみ有効ということではなく、新規顧客獲得からリードの獲得、広告等の戦略立案まで、様々な場面での活用が可能です。

あとがき

いかがでしょうか? 従来からある顧客管理ですが、業界を問わず紙管理やネイティブ管理から「CRMツール(システム)」を使ったオンラインでの管理が加速度的に進んでいるのが現状です。 初めてのCRMツールの導入にあたり「ITには苦手意識がある」等のお声を頂くことが多いですが、株式会社まちいろではそういった声に答えるべく「使いやすいCRM」として【hacomono】を制作しました。

hacomonoがマッチする業種

スタジオ型予約、月額制・サブスクリプション店舗にてご利用いただけます

フィットネスクラブ

フィットネス 会員管理・予約システム
  • 暗闇フィットネスクラブ
  • スタジオ型フィットネス
  • 総合フィットネスクラブのスタジオ

ヨガ・ピラティス

ヨガスタジオ・ピラティススタジオ 会員管理・予約システム
  • ヨガスタジオ
  • ホットヨガスタジオ
  • ピラティススタジオ

インドアゴルフ・テニス

インドアゴルフ・テニススクール 会員管理・予約システム
  • インドアゴルフスタジオ
  • ゴルフ練習場のレッスン
  • インドアテニス、テニス練習場

その他月額制店舗

月額制エステ、音楽スタジオ、レンタルオフィス 会員管理・予約システム
  • 月額制エステ
  • 音楽スタジオ
  • レンタルオフィス